日光自然博物館

BLOG 戦場ヶ原からこんにちは

2020.03.06
新・山の上からこんにちはvol.284

奥日光の自然情報を中心に、日光の最新の話題、さらに日光自然博物館のイベント情報を、カテゴリー「新・山の上からこんにちは」の記事として毎週金曜日にお伝えしていきます。

*********************************************************

◆今朝の奥日光の天気は晴れ、気温は-3℃(午前8:00時点)

 

暖冬の影響で雪が少ないこの冬の奥日光。

季節の進みもやはり早いのでしょうか?

 

高低差が約400mあるいろは坂は、そんな季節の移り変わりを感じやすい場所です。

今回は第一を徒歩で下り、第二を車で登りました(3/4取材)。

 

 

22カーブ(=下りはじめて2つ目のカーブ)のマンサクの花は、既に開花し始めています。

昨年は3/20には満開だったので、咲き始めのタイミングは同じくらいか、少し早めでしょうか?

 

 

ただ、他の木では咲いているところを確認できず、花の付いた折れ枝を1本拾ったのみと、例年より花が少ないのかもしれません。

ちなみに、マンサクに続いて開花することの多い馬返~細尾大谷橋間のダンコウバイとフサザクラは、つぼみが膨らんでいるものの楽しめるまではもう少しかかりそうです。

 

第二いろは坂を上ってくると、黒髪平では眼下に雲海が!

スタッフ一同、思い思いにパシャパシャ。

さらに明智平では、グリーンシーズンになると高山帯へと移動してしまうイワヒバリも群れで見られました。

・・・と、楽しみの多いいろは坂ではありますが、是非皆さんにお見せしたい写真があります。

 

道路脇で息絶えていたタヌキの亡骸、ほぼ間違いなく轢死体です。

多少ショッキングな見た目のため掲載はしませんが、シカの亡骸もありました。

森の中を通るが故、いろは坂から奥日光にかけての道路では車と野生動物との事故が後を絶ちません。

動物の亡骸は鳥や昆虫も含めさらに多くの生きものたちを呼び寄せてしまい、悪循環に陥ってしまいます。

奥日光の自然を守り続けるためにも、安全運転を心がけてお越しください。

 

なおいろは坂を歩かれる方は、距離が長いこと、歩道が無いこと、大型車が通ることなどを考慮し、目立つ色の服を着るなどし、十分注意してお歩きください。

 

 

(T-村)

 

 

<お知らせ>

新型コロナウィルスの感染拡大予防措置のため3/7(土)~3/24(火)の間、栃木県立日光自然博物館を臨時休館とさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどお願いいたします。

なお臨時休館中も、休業日の3/9、16、23を除き電話等によるお問い合わせは受け付けております。

 

★★企画展情報★★

 

♢ 冬の企画展『奥日光の大判風景写真展~鈴木克洋氏の作品から~

2019年11月30日(土)~2020年4月19日(日)

奥日光大判風景写真展 ~鈴木克洋氏の作品から~

奥日光周辺の自然を迫力のある大型写真でご紹介いたします。

 

 

★★自然体験イベント情報★★(いずれも近日中に募集開始!)

 

◆ 奥日光バードウォッチング三昧!

令和2年4月29日(水・祝)9:30~14:00

行く鳥、来る鳥、どんな鳥?自然解説員と一緒に一日たっぷりバードウォッチング!

 

◆ 奥日光・春のガイドウォーク

令和2年5月2日(土)~ 6日(水・振)10:00~14:00

西ノ湖・千手ヶ浜方面のハイキングを、自然解説員の案内でお楽しみいただきます!

 

◆ 中禅寺湖南岸トレッキング(健脚の方向け)

令和2年5月17日(日)9:00~15:30

先着8名様!モーターボート遊覧とトレッキングで中禅寺湖南岸コースを贅沢に満喫♪