日光自然博物館

英国大使館別荘記念公園 British embassy villa memorial park

英国大使館別荘記念公園は、中禅寺湖の豊かな自然や国際避暑地の歴史とのふれあいが楽しめる公園です。

明治中頃から昭和初期にかけて、中禅寺湖畔には各国の大使館をはじめ多くの外国人別荘が建てられ、国際避暑地としてにぎわいました。

園内の建物は、英国の外交官で明治維新に大きな影響を与えたアーネスト・サトウの個人別荘として明治29年(1896年)に建てられ、その後、英国大使館別荘として長年使われてきた姿に復元したものです。

内部では、国際避暑地としての歴史や当時の英国文化について紹介しています。

また、2階の広縁からは、サトウが愛した中禅寺湖畔の「絵に描いたような風景」を満喫できます。

floor 01

THEME-01 幕末維新の英国外交官アーネスト・サトウ

明治維新に大きな影響を与え、明治29年(1896年)にこの別荘を建てた
彼の生涯を紹介します。

THEME-02 サトウが愛した奥日光

国際避暑地の歴史や奥日光の豊かな自然、
サトウの次男で植物学者の武田久吉博士、サトウがこの場所を別荘として選んだ理由や
建物の特徴などを紹介します。

floor 02

THEME-03 サトウが活躍した時代は英国文化の黄金期

サトウが活躍した時代、英国はヴィクトリア朝時代であり、文化・芸術が花開いた黄金期。
手仕事の復興と産業デザインの改良を目指す
「アーツ・アンド・クラフツ運動」などを紹介します。

THEME-04 旧英国大使館別荘とアーネスト・サトウ

奥日光をこよなく愛したアーネスト・サトウ。明治5年(1872年)にこの地を初めて訪れ、
3年後には英文のガイドブック「日光案内」を刊行し、広く日光の姿を紹介しました。
明治29年(1896年)には、自分の山荘を中禅寺湖畔の南岸に建て、
好きな登山や植物採取などを楽しんだようです。

この山荘にはイザベラ・バードも滞在し、
友人あての手紙に「山荘から眺める風景の素晴らしさ」を綴っています。
のちに山荘は英国大使館別荘となり、平成20年(2008年)まで利用されました。

サトウが愛した中禅寺湖畔と英国の文化を心ゆくまでご堪能ください。

2階 英国文化交流室「南4番Classic」

ここではかつて中禅寺湖畔に花開いた国際避暑地の文化体験ができるスペースです。

「南4番Classic」では、駐日英国大使館シェフの監修を受けた
スコーンと紅茶のセットなどが召し上がれます。

別荘2階からの眺めとあわせ、お楽しみください。

開店日
記念公園と同じ
開店時間
  • 4月 10:00~15:30(ラストオーダー14:30)
  • 5月〜11/10 10:00~16:30(ラストオーダー15:30)
  • 11/11〜11/30 10:00~15:30(ラストオーダー14:30)
メニュー
英国大使館シェフ監修のスコーンと紅茶のセットなど

GUIDE 利用案内

入館料
  • 小人(4才~中学生)
  • 通常料金/ 100円イタリア大使館共通券/ 150円
  • 大人(高校生以上)
  • 通常料金/ 200円イタリア大使館共通券/ 300円
開館期間
  • 4月 9:00~16:00
  • 5月〜11/10 9:00~17:00
  • 11/11〜11/30 9:00~16:00
休館日
  • 6月〜10月 無休
  • 4月/5月/11月 月曜日 (祝日の場合、翌日以降に振り替え)

ACCESS アクセス

電車
東武線「浅草駅」又は「JR新宿駅」から特急で「東武日光駅」下車
JR日光線「日光駅」下車
バス
東武バスでJR日光駅発、東武日光駅経由「中禅寺温泉・湯元温泉行き」で「中禅寺温泉」下車、徒歩約35分
※半月山行き運行時期(7、8、10月)は「イタリア・英国大使館記念公園」下車徒歩5分
東北自動車道、宇都宮ICから日光宇都宮道路に入り、清滝IC、いろは坂経由約50分

県営歌ヶ浜駐車場から徒歩約10分

湖畔沿いの市道は、自然環境保全のため一般車両の交通規制をおこなっています。ぜひ歩いてご来園ください。