日光自然博物館

NIKKO NATURAL SCIENCE MUSEUM 日光自然博物館について

ABOUT 日光自然博物館とは

日光自然博物館は華厳ノ滝と中禅寺湖のそばに位置し、自然や歴史を紹介するほか、地域の情報発信基地として自然情報、ハイキングコースのご案内、自然体験イベントの開催など幅広く活動をおこなっています。

館内には自然系展示室、人文系展示室、映画で奥日光を紹介する四季彩ホールの他、自然情報や観光情報も提供し、来訪される皆さまが安心して奥日光を楽しめるようご案内をしています。

日光自然博物館

FLOOR GUIDE 館内案内

2階 1階

◆セルフガイドシート

日光自然博物館のセルフガイドシートです。ダウンロードしてご利用ください。

四季彩ホール

01 四季彩ホール

四季彩ホールでは15分ほどの映像で奥日光の迫力ある姿をご覧いただきます。

男体山の噴火によって奥日光がどのようにできたのかをはじめ、四季の変化の様子、水の流れと生きものの姿など、いながらにして奥日光の様々な姿を見ることができます。

自然系展示室

02 自然系展示室

自然系展示室では、奥日光の自然についての紹介を、地形と成り立ち、森、滝、湖と魚、動物の各コーナーにわけて紹介しています。

さらにラムサール条約登録地である「奥日光の湿原」と代表的な湿原「戦場ヶ原」はそれぞれ独立したコーナーを設けています。

人文系展示室

03 人文系展示室

奥日光の歴史は、奈良時代の勝道上人による男体山登頂と日光山の開山から始まります。人文系展示室では、勝道上人の事跡と日光の修験道について紹介。

さらに明治以降に「夏は外務省が日光に移る」と言われた国際避暑地の歴史を重点的に紹介します。

ものしりコーナー

04 ものしりコーナー

自然ものしりコーナーは、ゲーム形式で自然と奥日光について楽しく学べるコーナーです。

05 1F ミュージアムショップ

奥日光の自然にちなんだお土産を販売しています。

博物館オリジナルの図鑑やガイドマップなど、自然散策のお供になる書籍、グッズも充実しています。

GUIDE 利用案内

入館料
  • 小人(4才~中学生)
  • 個人料金/ 250円団体料金/ 200円
  • 大人(高校生以上)
  • 個人料金/ 510円団体料金/ 400円
  • ◆団体料金は20名以上が対象です。
    ◆学校団体は、教員も生徒(児童)と同額になります。
    ◆身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳等をお持ちの方で手帳の提示があった場合は無料となります。なお、身体障害者手帳と療育手帳に第1種または精神障害者保健福祉手帳に第1級と記載のある方の介助をするための同伴者も無料となります(障害者1名につき介助者1名のみ)
開館時間
  • 4/1〜11/10 9:00〜17:00
  • 11/11〜3/31 10:00〜16:00
  • ◆閉館時間の30分前までにご入館ください。
休館日
  • 6月〜10月 無休
  • 11月〜5月 月曜日 (祝日の場合、翌日以降に振り替え)
  • 年末年始 12/29〜1/3

ACCESS アクセス

電車
東武線「浅草駅」又は「JR新宿駅」から特急で「東武日光駅」下車
JR日光線「日光駅」下車
バス
東武バスでJR日光駅発、東武日光駅経由「中禅寺温泉・湯元温泉行き」で「中禅寺温泉」下車、徒歩約35分
※半月山行き運行時期(7、8、10月)は「イタリア・英国大使館記念公園」下車徒歩5分
東北自動車道、宇都宮ICから日光宇都宮道路に入り、清滝IC、いろは坂経由約50分

県営歌ヶ浜駐車場から徒歩約10分

湖畔沿いの市道は、自然環境保全のため一般車両の交通規制をおこなっています。ぜひ歩いてご来園ください。