日光自然博物館

BLOG 戦場ヶ原からこんにちは

2020.02.07
新・山の上からこんにちはvol.280

奥日光の自然情報を中心に、日光の最新の話題、さらに日光自然博物館のイベント情報を、カテゴリー「新・山の上からこんにちは」の記事として毎週金曜日にお伝えしていきます。

*********************************************************

◆今朝の奥日光の天気は晴れ、気温は-9℃(午前8:00時点)

今回は湯元のスノーシューコースの一つである小峠コースに入り、途中の蓼ノ湖まで行ってきました。固まった雪がほとんどで、ごく一部にその上にさらさらの雪が数㎝のっているような場所もありました。

 

この時期には必ず探していて見つかるとうれしい、クモガタガガンボの一種。蚊に近い仲間です。

翅を取った蚊のような異質な姿の虫が雪上をちょこちょこ歩き回る様子には不思議と心惹かれます。

 

雪上を歩いているのは当然、虫だけではありません。自分の足元だけでなく広く雪上を見渡すといろいろ見えてきます。

これは恐らくサルの足跡。指がはっきりと見える部分も。

 

今回至る所で見かけたのが奇妙な記号のような足跡。この足跡の主には、奥日光では一度も出会えていません。ですが、足跡だけは毎年必ず見かけるため、余計に出会いたい気持ちを掻き立てられます。

その主とはノウサギ。跳躍して移動する際に後ろ足の跡が2本並んでつき、カタカナの「ハ」のような形になります。特徴的な形を見ているだけでも面白いですが、足跡が続く先にもぜひ注目してください。

 

こちらの足跡はキツネらしき足跡(黄色い線を引いてます)と途中でぶつかっています。ぶつかり方からすると、どちらか一方が通った後にもう一方が通っただけのように思います。が、キツネ(捕食者)とウサギ(被捕食者)の組み合わせだと一瞬ドキッとしますね。

 

足跡だけでなく、たまに姿が見えることもあるスノーシューコースですが・・・

露出している植物を傷つける、雪崩の危険がある場所で長時間止まるなどの行為は厳禁です。それを守った上で踏み固められたコース上から外れてみると、より雪の中の自然を楽しめますよ。(松)

 

 

☆☆自然体験イベント☆☆

◆ スノーシューで雪の森へ  

2020年2月15,22日(土) 10:00~14:00

1日たっぷり冬の森を楽しむスノーシューイベント。初心者から玄人までどなたでも大歓迎です。

 

◆ 雪上ナイトハイキング

2020年2月15日(土) 19:00~21:00

よそにはなかなか無い!?毎年ご好評をいただく、真冬の奥日光を夜まで楽しんじゃうスノーシューイベントです。

定員充足間近!以降はキャンセル待ちでお受けします。

 

奥日光発・生物多様性のすゝめ

2020年3月8日(日) 10:00~14:00(13:00~14:00の午後のみコースもあります)

「生物多様性」「生態系」といったモノに関心がある方向けの入門観察会!

奥日光のリアルな自然を先生に、自然の仕組みを体験的に学んでみませんか?

 

 

★★企画展情報★★

♢ 冬の企画展『奥日光の大判風景写真展~鈴木克洋氏の作品から~

2019年11月30日(土)~2020年4月19日(日)

奥日光大判風景写真展 ~鈴木克洋氏の作品から~

奥日光周辺の自然を迫力のある大型写真でご紹介致します。