日光自然博物館

BLOG 戦場ヶ原からこんにちは

2020.01.17
新・山の上からこんにちはvol.277

奥日光の自然情報を中心に、日光の最新の話題、さらに日光自然博物館のイベント情報を、カテゴリー「新・山の上からこんにちは」の記事として毎週金曜日にお伝えしていきます。

 

今朝の奥日光の天気は晴れ、気温は-3℃(午前8:00時点)

年明けに何度かまとまった降雪があり、各地で積雪が確認された奥日光。

そんな中、今回は湯ノ湖から湯元温泉源泉を歩きました。

これからの積雪期には、スノーシューやクロスカントリースキーなど、様々な冬の遊びを楽しめます。

 

こんな寒い日、生き物はどうしているのかと思い、冬の生き物を探して湯ノ湖周辺を散策して来ました。

湯ノ湖滝上から撮影

見える範囲の湯ノ湖は一面結氷していて、その上に雪が積もっています。

 

ところが・・・・・何故か湯ノ湖西側に行ってみると、結氷していません。

静かな湖面に水鳥が浮かんでいます。

マガモやオオバンが寒さを凌いで浮いています。

 

 

少し歩いて湖畔を散策すると、

写真が上手に撮れなかったのですが、何やら大きな魚が沢山浮いています。相当な数で30匹以上がひしめき合うようにして一か所に集まって来て居ます、広い湯ノ湖の中で何故ここだけに場所に集まってくるんでしょうか??

大きな魚は80cm以上ありそうです。湯ノ湖でこれだけ大きくなる魚はコイ科の仲間でしょうか。

 

傍にはホシハジロやオオバンも浮かんでいました。

 

魚影を撮影した場所は湖畔から温泉が湧出しているので、コイと思われる魚は寒い場所から暖かい温泉が湧出している場所へ移動して来たんだと考えられます。

 

湯元温泉の源泉、湯の倉を見て来ました。

温泉の地熱の影響で雪が解けており、湯の倉からは蒸気が出ていて暖かい雰囲気が感じとれます。

 

生き物たちと出会う機会がめっきり減ってしまうと思われがちな冬。生き物たちのサインや習性を知れば、身近に感じる機会はそう少なくないことに気づきます。冬遊びを満喫しながら、自然にも目を凝らせば、彼らは姿を見せてくれるでしょう・・・・

*湯ノ湖周遊歩道は降雪の為、閉鎖されています。

(ぐ)

 

 

 

☆☆自然体験イベント☆☆

◆ ちびっこスノーシュー2020

2020年1月25日(土)

はしって、ころげて、雪へダイブ!わんぱく雪っ子大集合!

4歳以上の小さなお子様向けの初心者スノーシューイベントです。

 

◆ 親子で雪の運動会2020

2020年1月26日(日)

チーム戦で勝利を目指せ!

小学生~中学生の親子向けの、雪でめいっぱい遊ぶイベントです。

 

◆ スノーシューで雪の森へ   

2020年2月1,15,22日(土)

全3回の1日スノーシューイベント。初心者から玄人までどなたでも大歓迎です。

 

◆ 雪上ナイトハイキング

2020年2月15日(土)

よそにはなかなか無い!?毎年ご好評をいただく、真冬の奥日光を夜まで楽しんじゃうイベントです。

 

 

★★企画展情報★★

♢ 冬の企画展『大判写真展』

2019年11月30日(土)~2020年4月19日(日)

奥日光大判風景写真展 ~鈴木克洋氏の作品から~

奥日光周辺の自然を迫力のある大型写真でご紹介致します。