日光自然博物館

BLOG 戦場ヶ原からこんにちは

2019.11.15
新・山の上からこんにちはvol.269

奥日光の自然情報を中心に、日光の最新の話題、さらに日光自然博物館のイベント情報を、カテゴリー「新・山の上からこんにちは」の記事として毎週金曜日にお伝えしていきます。

 

◆今朝の奥日光の天気は晴れ。気温は0℃(午前8:00時点)

 

男体山の頂上付近で積雪が確認されるなど、いよいよ奥日光に冬到来!

そんな今日は、冬の奥日光の目玉の一つであるオオワシ・オジロワシ飛来の確認へ千手ヶ浜沿いを歩きました。

道路工事中のため、小田代原~千手ヶ浜の区間は低公害バスは運行せず、千手ヶ浜へは小田代原から徒歩で2時間弱ほどのアクセスになりますのでご注意ください。

天気は曇り。

上空ではトビが飛んでいたものの、結局この日はワシを確認することはできませんでした。

ワシとの出会いは12月に行われる観察イベントまでお楽しみ。ということで…

 

しかし!冬にやってくる鳥はワシだけではありません。冬の中禅寺湖には様々な水鳥もやってきます。

気を取り直し、視点を空から湖面へと変えて、水鳥たちの観察を行うことにしました。

木の上を飛び回ったりせず、水面をプカプカと泳ぐ水鳥たちは、のんびりと観察を行いたい方にはぜひお勧めしたい野鳥なのです。

 

今回、多く見られたのがこの水鳥

キンクロハジロです。

金色の目に白と黒のツートンカラーなのでキン・クロ・ハジロ。

この時期にはるばるシベリアからやってきます。

そのほか、赤い目が非常に綺麗なハジロカイツブリや

ほかの鳥たちよりひと際大きく、エメラルドグリーンの目が美しいカワウなど、今回は7種類の水鳥を観察することができました。ハイシーズンにもなると10種類以上の水鳥が中禅寺湖に大集合します。

のんびり浮いているだけに見える彼らですが、時々潜って水草を食べてみたり、複数の種類が一緒に泳いでいたりと、実にいろいろな行動をしていることがわかります。

空に目を向ける傍ら、時々水面に目を向けてみると、意外な面白さに出会えるかも?

 

今回は千手ヶ浜方面を歩きましたが、水鳥を観察する場合は、さらに近い距離で水鳥の観察が行える遊覧船桟橋付近、または中禅寺ボートハウス周辺がおすすめです。(kobo)

 

 

 

☆☆自然体験イベント☆☆

受付方法など詳細は、当HPトップ「お知らせ」より、各イベントページをご覧ください。

 

◆ 中禅寺温泉夕方ガイドウォーク

2019年 11月16日(土)〈先着20名様程度〉

自然と文化の交差点、中禅寺温泉のガイド付きまち歩き。夕景鑑賞もセットです!

 

◆ 中禅寺温泉ナイトウォーク

2019年 11月23日(土)〈先着15名様程度〉

夜のまちと自然のコラボレーションをご堪能ください!

 

◆ オオワシ・オジロワシをさがそう!2019

2019年12月7日(土)〈先着30名様程度〉

冬の湖畔で野鳥観察!オオワシ・オジロワシに出会えるかも!?

 

★★企画展情報★★

♢ 秋の企画展「『低公害バスで訪れたい絶景』写真展」

2019年9月7日(土)~11月24日(日)

低公害バスの走る日光市道1002号線沿いに点在するビューポイントを、迫力の大型写真でご紹介します。