日光自然博物館

BLOG 戦場ヶ原からこんにちは

2019.08.30
新・山の上からこんにちはvol.258

奥日光の自然情報を中心に、日光の最新の話題、さらに日光自然博物館のイベント情報を、カテゴリー「新・山の上からこんにちは」の記事として毎週金曜日にお伝えしていきます。

 

◆今朝の奥日光の気温は18℃、天気は曇りです。(午前8:00時点)

 

ひとつ前の記事で小田代原の様子をお伝えしましたが、

戦場ヶ原でも日増しに秋らしさが感じられるようになってきました。

 

赤くなったアキアカネとホザキシモツケの種のコラボを見ると、

大好きな夏の終わりに寂しさを感じてしまう私…

 

ですが、季節が移れば新しい出会いもあります。

イネ科植物たちの穂が緑の湿原をほんのりと色づかせ始め、

足元には秋の花々を見ることもできます。

アキノキリンソウ(写真)やアキノウナギツカミが見頃の盛りを迎え、

やや遅れて咲くウメバチソウやアケボノソウの花もだいぶ目立ってきました。

 

中でもおすすめしたいのが、

吸い込まれそうな青紫色が美しいリンドウの仲間(※)です。

 

毎年咲くのを楽しみにしている好きな花なのですが、

2種類のカメムシが止まっているのがお分かりになりますか?

 

注射器のような口を刺して、植物の汁を吸うカメムシたち。

私と同じように、花が咲くのを心待ちにしていたのかもしれませんね。

 

この後秋が深まるにつれ、草紅葉、そして本格的に紅葉へと進んでいく奥日光。

しかし、「端境期だよねぇ」と言われてしまう今の時期にも、生きものたちの今だけの営みが見られます。

 

お越しの際は大小さまざまなスケールで自然を見、そして体感してくださいね。

 

 

※今の時期に開花するリンドウの仲間は、戦場ヶ原周辺ではオヤマリンドウとエゾリンドウが記録されていますが、

中間的な特徴を持つものが多いため、今回は種を断定しませんでした。

 

 

(T-村)

 

 

☆☆自然体験イベント☆☆

 

◆ 小田代原『草紅葉』ガイドウォーク

2019年9月21日、28日、10月19日(日)〈各回先着15名様程度〉

草紅葉の景色と、その背景にある自然の不思議を紐解くガイド付きハイキング。

当日現地受付の他、こちらからご予約もいただけます。

 

★★企画展情報★★

 

♢ 秋の企画展「『低公害バスで訪れたい絶景』写真展」

2019年9月7日(土)~11月24日(日)

低公害バスの走る日光市道1002号線沿いに点在するビューポイントを、迫力の大型写真でご紹介します。