日光自然博物館

BLOG 戦場ヶ原からこんにちは

2019.03.15
新・山の上からこんにちはvol.234

奥日光の自然情報を中心に、日光の最新の話題、さらに日光自然博物館のイベント情報を、カテゴリー「新・山の上からこんにちは」の記事として毎週金曜日にお伝えしていきます。

 

■ 今朝の奥日光の天気は快晴、気温は-3℃(博物館周辺 8:00時点)

 

奥日光と言えば三名瀑!

ということで今回は湯滝、竜頭滝、華厳滝の今の状況を確認してきました。

 

どの滝もアクセスがしやすく、気軽に行くことができます。

また季節によってさまざまな姿を見せてくれる魅力的なスポットです。

 

では、三つの滝をどーんと一気に紹介!

 

       (湯滝)

 

(竜頭滝)

 

       (華厳滝)

 

奥日光の三名瀑はそれぞれ全く異なった形状をしているので、見ていて飽きないのも魅力の1つです。

 

雪や氷に関しては湯滝は滝の見える景色の中には見ることができませんでした。

竜頭滝や華厳滝は、例年に比べるとかなりボリュームは少なくなってきていますが、滝のしぶきによってできる氷をまだ見て楽しむことができます。

 

ふと、竜頭滝を見ていると滝壺からなにやらにぎやかな鳴き声が。

 

 

ミソサザイでした。

全長10センチほどで全身茶色のとっても小さな鳥です。

動きも素早くて見つけるのは難しい鳥ですが、その体のどこから鳴き声を出しているのか不思議になるほど大きな声でさえずります。

 

ミソサザイは2月下旬の比較的早い段階からさえずり始めますが、ヒガラやシジュウカラといった他の野鳥たちも陽気のよさにつられてか、さえずるようになってきました。

 

(ごきげんな感じでご飯を探したり、さえずるヒガラ)

 

陽気は良くなってきていますが、奥日光はまだまだ雪が降る季節です。積雪や路面凍結もありますのでしっかりとした防寒対策と、十分な足元の注意をお願い致します。

また三名瀑を見に行く際には、基本的に普通の靴で歩いていくことができますが、湯滝に通ずる歩道には雪が残っている箇所がありますのでお気を付けください。さらに湯滝駐車場は冬期閉鎖しております。お車をお止めになる際には、駐車場手前の料金所小屋付近にお止めいただきますようお願い致します。(梅)

 

 

◇◇企画展情報◇◇

◆ 春の企画展「奥日光の今昔写真展」

平成31年2月23日(土)~ 平成31年4月21日(日) ※休館日を除く

昔の奥日光と現代の風景を対比し、移りゆく奥日光の景色をお楽しみいただきます。