日光自然博物館

BLOG 戦場ヶ原からこんにちは

2019.03.14
「奥日光発・セイブツタヨウセイ入門」開催報告

先日3月10日(日)、「奥日光発・セイブツタヨウセイ入門」のイベントを開催いたしましたのでご報告します。

 

昨年度に引き続き、今年度もJTB様のご協力をいただき、「JTB地球いきいきプロジェクト」の関連イベントとして開催。

冒頭、JTBのスタッフさんからプロジェクトの概要をご説明いただきました。

 

続けて、私からの無茶な質問。

私「セイブツタヨウセイとは何なのか、説明できますか?」

参加者『よく分からないから、参加しました』

……ごもっともです。では、森の中へ探しに行ってみましょう!

 

 

男体山の裾に広がる森林内を、特別に許可を得て散策しました。

森に足を踏み入れてすぐ、足元に落ちていたシカの糞に気付き、シカの食糧などのお話をしました。

そこからは、大人の腰丈もあるササをものともせず、面白そうなものを求めて積極的に探し回りました。

 

ある時は木の根をじっくり観察してみたり。

 

木々に残された動物の痕跡(ツキノワグマの食痕や、イタチ類の爪跡)を見たりさわったり。

 

暖かな日差しの下で野外観察をたっぷり楽しんだ後は、博物館へ戻ります。

 

野外で各々に拾ってきていただいた、

「生きものの生活が感じられる面白いモノ」

を、見たり嗅いだり触ったり、さらにじっくり観察してみました。

人によって興味は様々。木の皮や木の実、朽木など、持ち寄ったものを全員で共有します。

 

※自然物の拾得について

本イベントでは、私有地内にて許可をいただいた上で拾得しました(イベント後は返却しました)。通常、一般のお客様による土石の採集・持ち帰りはご遠慮いただいています。

 

 

そして最後には観察したものを元に、「ヒトは多様な自然物から恩恵を受けていること」「生物多様性が失われると……」といった話をスライドレクチャーで学び、終了となりました。

 

 

野外観察や室内観察、スライドレクチャーのどれも、「ちょっと物足りない……!」と惜しまれながらも、皆さんご満足のご様子でお帰りいただきました。

ご参加いただいた皆さんの、含めた生きものの関わり合いへの興味や、実体験を伴う理解が深められていましたら、嬉しいです。

 

ご参加いただき、ありがとうございました!!(山)

 

 

★☆来年度のイベント予告☆★

こちらは生きもの全般でなく、鳥類に特化した観察会です。

初心者さん、玄人さん、皆様奮ってご応募ください!

 

★奥日光バードウォッチング三昧!

 4月29日(月祝)10:00~14:00

(詳細は博物館HPトップよりイベント詳細ページへアクセス!)